2階のCDラックが倒壊:東日本大震災
2階のCDラックが倒壊
スポンサーリンク
この程度の被害でよかった:東日本大震災

この程度の被害でよかった

パソコンの前に座っても、いつもと同じ気持ちで時間を過ごすことはできませんが、とりあえずはこうした時間を送るしかありません。
東北地方太平洋沖地震(後に東日本大震災といわれる)が発生した、昨日の14時46分ごろは山形市中心部の住宅街にあるお客様のところを訪問していたところでした。

お客様への挨拶も早々に、突然、強い揺れが起こり、思わずそこの社長の息子さんや、そこの従業員の人たちと玄関から表に飛び出しました。
電柱はゆらゆらと揺れ電線は波打ち、周りの家々からはおばあちゃんやこどもや奥さん方が、ぞろぞろと外にでて立ちすくんでいます。
隣家の駐車場に止めてあったBMWはグラグラとゆれて盗難防止システムのクラクションが鳴っています。
ずいぶん長い間、揺れが続いたような気もします。

地震のせいですぐに停電になり、打ち合わせも早々にクルマに乗って会社に戻りました。
途中、信号が消え若干渋滞していた以外は、街は混乱することもなくいつもどおりのたたずまいです。
信号が消えていたので、できるだけ信号がないところや交差点で右折しないようなルートを選び、会社にはいつもと同じぐらいの時間で戻れました。
自宅のある町は地盤の関係か周辺より震度1程度、地震が大きいので心配していましたが予想通り2階の部屋のCDの棚が3台、倒壊していました。
CDの棚は地震に備えて上部を針金で壁に固定していたのですがダメでした・・・。
それでも被害はこれだけですんだので、よかったです。

自宅近所では1回が倒壊した建物も…。:東日本大震災

自宅近所では1回が倒壊した建物も…。

自宅のある町は、震度5強を観測。
近所では道路が隆起したり家や倉庫が倒壊したところもあったようです。
時間がたつにつれ、その被害の大きさに唖然としています。
地震以降、停電のため一晩をラジオとろうそくで過ごしました。
余震のために石油ストーブを使うこともままなりません。
おかげで昨夜は一睡もできず久しぶりのカンテツです。
電気が復旧したのが今日の昼ごろ。
電気のありがたさを感じる余裕もなく、テレビとネットのニュースにかじりついています。

スポンサーリンク
おすすめの記事