山形美術館で「Get Back」を聴く!
スポンサーリンク

3時近く山形美術館へ出かける。
今年2回目か。

地下の駐車場から美術館の美術館の入り口付近ではビートルズのコピーバンドが「Get Back」を演奏していた。
残念ながらこの日の演奏は「Get Back」を終えたところで終了。
1曲の半分ぐらいしか見ることができなかった。

美術館では「THE BEATLES FILES」というビートルズの写真展をやっていて、その関連のコンサートだったらしい。
見る人が見れば違ったのかもしれないが、正直、写真展の内容は乏しいものだった。
「デイリー・ミラー」というイギリスのタブロイド紙の倉庫に眠っていた写真が中心の展示である。
写真以外にもちょっとしたビートルズに関連したものを展示していたがリッケンバッカーのギターやヘフナーのベースも「ジョンが使っていたのと同型」とか「ポールが使っていたのと同型」というんじゃ「おいおい」といった感じである。
唯一、「オッ」と思ったのはジョン・レノン本人が使っていたサングラスとジャケットぐらいだったかな。
他にも、武道館後援のチケットとか、本人たちのサインとかあったのですが、まあ、あっさりしたものでした。
ビートルズは好きだけれども「THE BEATLES FILES」より、一緒にやっていた「吉野石膏コレクションによる 印象派の輝き展」のほうが見る価値がありです。

おすすめの記事