大石田町次年子の「七兵衛そば」に行く
スポンサーリンク
蕎麦を打っているところ:大石田町次年子の「七兵衛そば」に行く

蕎麦を打っているところ

昨日、東京から遊びに来た友人と銀山温泉に泊まった流れで大石田町次年子にある「七兵衛そば」にそばを食べに行く。
ここは県内の蕎麦屋さんでも人気の店で、一緒に行った後輩によると昼の12時に行ったのでは1時間は軽く待たされるらしい。
というわけで銀山温泉の旅館を朝の9時半にはでて大石田町の次年子を目指した。
着いたのは11時前。
一番乗りだった。
周りは雪深い本当に山の中である。

蕎麦は1,050円で食べ放題:大石田町次年子の「七兵衛そば」に行く

蕎麦は1,050円で食べ放題

一見、普通の田舎の民家である。
玄関を入ると大きな茶の間のようなところへ通される。
はじめて行ったのは、もう20年以上も前になるが、その時は普通のお宅の茶の間にお邪魔しているしているようで妙に落ち着かなかった思い出がある。
そばは大きなお椀のようなうつわに盛られたものが1,050円で食べ放題である。
手打ちのそばは太すぎず細すぎずで、いわゆる田舎そば系のゴリゴリした感触とも違う食べやすいものである。
そばつゆは大根おろしのつゆにそばつゆを割ったもの。
そばのほかにもきくらげや白菜、赤カブの漬物を大きな器に出してくれる。
以前は食べ放題ということで三杯は食べたが、結局、美味しく食べられるのは二杯までと気づき今回はお代わりは二杯とした。
三杯食べると、間違いなく夕飯が食べられなくなる。

アクセスマップ


おすすめの記事