山形美術館で「北斎 富士を描く」展を観る
スポンサーリンク

昼過ぎより山形美術館へ涼みにいこうと思い出掛ける。
ちょうど、葛飾北斎が富士山を描いた「富嶽三十六景」と「富嶽百景」を展示する企画展をやっていた。

展示されていた作品を観ると一枚一枚、しっかりと構図や意図が練られて描かれたものであるのがよくわかる。
もう、構図のつくりかたや大胆な省略の手法はアイディア、企画とかデザインの世界ですな…。
今のデザイナーの仕事にも通じるものを感じる。

じつは「富嶽三十六景」は、三十六景といわれながら全部で46枚の作品がある。
当初は、36枚で終結するはずだったが、人気がでたため追加で10枚が発表された。
追加された10枚の作品は「裏富士」と呼ばれる。

となると「富嶽百景」はどうなのか?
「富嶽百景」は3巻からなるスケッチ集で富士山を画題に102の作品が描かれている。

おすすめの記事