朝陽館
スポンサーリンク

晴れ。
今日も35℃を超える酷暑。
昼近くになり、どっかに行ってみようかとあてもなく、ふらっとクルマに乗り出かける。
向かったのは左沢から県道27号線を西へ向かい大江町の柳川温泉方面へ。
ベントナイトという(粘土)を採掘する月布鉱山というバス停を越えしばらく行くと大きな切り株を奉る山神々社が県道沿いにある。
ちなみにベントナイトはネコ砂などに使われるらしい…。
その近くに乃木公園という石柱が見えたので脇道にそれ行ってみると途中から、未舗装道路であきらめて県道に引き返す。
県道に戻ると、もうすぐ柳川温泉。

ベントナイトを採掘:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

ベントナイトを採掘

右の切り株は道祖神:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

右の切り株は道祖神

県道27号の南の脇道に入る:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

県道27号の南の脇道に入る

柳川温泉そばの看板-その1:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

柳川温泉そばの看板-その1

柳川温泉そばの看板-その2:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

柳川温泉そばの看板-その2

柳川温泉近くの看板-その3:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

柳川温泉近くの看板-その3

柳川温泉はスルーして先へ:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

柳川温泉はスルーして先へ

山道へ入り涼もうかと…。
そのまま、大井沢へ抜けようかと思ったが、途中、古寺鉱泉の案内板を見て行ってみる。

古寺鉱泉駐車場からの入口:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

古寺鉱泉駐車場からの入口

古寺鉱泉の駐車場:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

古寺鉱泉の駐車場

駐車場にある看板:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

駐車場にある看板

古寺川沿いを上流へ:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

古寺川沿いを上流へ

50メートルほどで朝陽館:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

50メートルほどで朝陽館

朝陽館の屋根が見えた:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

朝陽館の屋根が見えた

橋を渡らず行くと鳥原山:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

橋を渡らず行くと鳥原山

手前を流れる古寺川:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

手前を流れる古寺川

昭和12年に建てられた:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

昭和12年に建てられた

ハイテク化も進んでいる?:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

ハイテク化も進んでいる?

鉱泉なので沸かし湯:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

鉱泉なので沸かし湯

建物の白い四角はアンテナ:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

建物の白い四角はアンテナ

登山道を行くと小朝日岳:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

登山道を行くと小朝日岳

朝陽館脇の登山道:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

朝陽館脇の登山道

水量はさほど多くない:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

水量はさほど多くない

沢の奥に見えたケルン:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

沢の奥に見えたケルン

いよいよ、坂が始まる:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

いよいよ、坂が始まる

今日はこれで引き返す。:朝日連峰の入り口 -古寺鉱泉-

今日はこれで引き返す。

駐車場に着いたのは13時をまわった頃。
30台近い車が止まっている。
県外ナンバーのクルマもだいぶ多い。
時間も遅いし何の準備もしていないので朝日連峰の登山口をちょっとだけ登って、すごすごと退散。
夏の終わりか秋にでもまた来てみようと思う。

おすすめの記事