しばらく登ると三沢山の頂上
スポンサーリンク

夏らしい快晴。
午前中、ホームセンターに張り直しを頼んでいた網戸を取りに行き、サッシに網戸をはめていたら10時ぐらいになってしまう。
朝から山に行こうと思っていたがそんなこんなで家を出たのは10時半過ぎ。

今から登るとなると近所の山かと思い、天童高原から北面白山に登ることにする。
太陽はじりじりと熱線を放ち、風がほしい…。
一人で登ると妙にペースが上がる。

山頂に到着すると誰もいない。
木陰がほしい…。
おにぎりを食べ終え、そろそろ下ろうとしていると20代後半と思わしき無精ひげの白人青年が一人で登ってきた。
彼は景色を見回すとパシャパシャとカメラのシャッターを押している。
話しかけないのも何だかなぁと思って「どこから来たの」と日本語で聞くと「イングリッシュ!」と答えられ、焦って「フェーアー・ユー・カム・フロム ?」と聞き返す。
「ミー?」というので頷くと「イスラエル」という返事。
とはいえ、後が続かない。
結局、仙台から来たということは分かったけど、そそくさと手を振って別れる。

「イスラエルかぁ。こんなに、緑の多い山はあまりみたことないだろうなぁ…」などと思いながら一気に下っていく。

おすすめの記事