彦根城で「ひこにゃん」と会う
スポンサーリンク

国宝の彦根城です。
家康に仕え徳川四天王といわれた井伊直正の子、直継によって1622年(元和8年)に築城されました。
以来、城主は代々、井伊家がつとめています。

山形新幹線から東海道新幹線に乗り継ぎ米原駅で下車。
米原駅に到着したのは11時50分ぐらい。
駅前のレンタカー屋さんでワゴン車を借り、彦根城へ向かう。

彦根城に向かう前にJR琵琶湖線、彦根駅前の八千代駅前店というところで昼食。
昭和の時代の駅前食堂という雰囲気。
名物だという彦根丼は、牛スジを使った牛丼という感じ。
食後は歩いて彦根城まではおよそ10分。

彦根城の表門に到着し、チケットを購入。
観覧料は大人800円。
表門からは運動不足の人にはちょっときつそうな階段の坂道を登る。
見学者も多いらしく、人の列が途切れません。
10分ほども登ると天守閣のある本丸に到着。
お城ファンでもないので、それほどの感慨はないのだが、やはり大阪城や名古屋城に比べると地味な感は否めない。
(スミマセン…)

表門橋(ここから入る):彦根城で「ひこにゃん」と会う

表門橋(ここから入る)

奥の管理事務所でチケットを購入:彦根城で「ひこにゃん」と会う

奥の管理事務所でチケットを購入

表門山道:彦根城で「ひこにゃん」と会う

表門山道

天秤櫓 (てんびんやぐら):彦根城で「ひこにゃん」と会う

天秤櫓 (てんびんやぐら)

本丸に到着:彦根城で「ひこにゃん」と会う

本丸に到着

着見台(月見櫓跡)から見た天守閣:彦根城で「ひこにゃん」と会う

着見台(月見櫓跡)から見た天守閣

当初、内部の見学は見学者が列を作って並んでいたのであきらめて、着見台というところで琵琶湖や彦根市周辺の景色を眺めていたのですが、ふと、先ほどの列を見ると誰も並んではいないでないですか。
これなら、さほど待つこともなく天守の内部も見学してみようと入り口付近で待機。
しかし、中には入れる気配はなく20分ほど待ち、見学者の列がそれなりに長くなったところでやっと中に入れました
どうやら、見学者が一定の人数が集まったら中に入れて、中の見学者グループがはけた時点で、また、見学者を入れる。
そうした、入れ替え制のようなシステムのようです。

着見台(月見櫓跡)から琵琶湖を望む:彦根城で「ひこにゃん」と会う

着見台(月見櫓跡)から琵琶湖を望む

着見台(月見櫓跡)から彦根駅方向を望む:彦根城で「ひこにゃん」と会う

着見台(月見櫓跡)から彦根駅方向を望む

着見台(月見櫓跡)から北東を望む:彦根城で「ひこにゃん」と会う

着見台(月見櫓跡)から北東を望む

やっと天守閣の中に入ったのはいいのですが、今度はなかなか先に進みません。
ゆっくりと見学できる感じもなく階段が急なことだけが印象的。
昭和32年から行われた解体修理の時に建築材を調査した結果、他の城の天守を移築したことが分かりました。
また井伊家に伝わる『井伊年譜』には「天守は京極家の大津城の殿守也」とあり、大津城の天守を移築したと考えられているそうです。

急な階段:彦根城で「ひこにゃん」と会う

急な階段

瓦が美しい:彦根城で「ひこにゃん」と会う

瓦が美しい

天守から見た西の丸:彦根城で「ひこにゃん」と会う

天守から見た西の丸

歴史を感じます:彦根城で「ひこにゃん」と会う

歴史を感じます

彦根城の天井:彦根城で「ひこにゃん」と会う

彦根城の天井

石垣は「牛蒡積み」という積み方:彦根城で「ひこにゃん」と会う

石垣は「牛蒡積み」という積み方

別名、金亀城ともいう:彦根城で「ひこにゃん」と会う

別名、金亀(こんき)城ともいう

絵になる:彦根城で「ひこにゃん」と会う

絵になる

石垣が続く:彦根城で「ひこにゃん」と会う

石垣が続く

帰りは天守を一周するように黒門山道を下る。
城郭を囲むは石垣は規模の大きさと歴史を感じさせます。
石積みも美しいですね。

黒門山道の門跡:彦根城で「ひこにゃん」と会う

黒門山道の門跡

曲輪の石積みが美しい:彦根城で「ひこにゃん」と会う

曲輪の石積みが美しい

桜田門外の変で暗殺されました:彦根城で「ひこにゃん」と会う

桜田門外の変で暗殺されました

「ひこにゃん」登場

15時から「ひこにゃん」が彦根城博物館に登場するという案内があったのでゆるキャラは、まったく興味がないのだがここまで来てみないのもなんだからと行ってみた。
建物、奥からそろりそろりと登場したひこにゃん。
着ぐるみの股下が短く視界もよくないせいか、なかなか前に進まない。
写真を撮ろう集まっている人の多さにビックリ。
自分もその群衆の一人ですが…。

そろりそろりと歩いてくる:彦根城で「ひこにゃん」と会う

そろりそろりと歩いてくる

こんなに人気なのか!:彦根城で「ひこにゃん」と会う

こんなに人気なのか!

何をしゃべっているのか?:彦根城で「ひこにゃん」と会う

何をしゃべっているのか?

アクセスマップ

スポンサーリンク
おすすめの記事