superflyのツアートラックを見かけた
スポンサーリンク

山形県民会館の近くに駐車していたsuperflyのツアートラックです。
これと同じのが3台止まっていました。
県民会館の小さなステージに10トントラック3台分も機材が設置できるのか少々心配です。
彼女らのライブは明日なので機材は前日入りなのですね。

superflyの楽曲やファッションはジャニス・ジョプリンを彷彿とさせるものが多いせいか洋楽好きのおじさんたちにもファンが多いようです。
ジャニス・ジョプリンは27歳で夭折した伝説のロックシンガーです。(20代で死んだロックミュージシャンには大抵、伝説のという枕詞が付く)
暑苦しい熱帯夜にふと頭をよぎるのが彼女の「Summertime」です。
こんなの聴くとますます暑苦しくなるわけですが、こんなに乾いた暑苦しいボーカルというのも毒をもって毒を制すみたいな感じで悪くありません。
普段、聴くには少々疲れるので最近は年1、2回ぐらいしか聴きませんが、それでも無性に聴きたくなる時があるのも事実です。

おすすめの記事